So-net無料ブログ作成

「妖怪ウォッチ」海外展開へ [収集]

ゲーム制作会社レベルファイブ(福岡市)は7日、
都内で戦略説明会を開き、テレビアニメや玩具などとの
クロスメディア戦略で同社が大ヒットさせた
「妖怪ウォッチ」を海外展開する方針を発表した。
任天堂や米玩具大手のハズブロと連携して2016年春に
北米に進出し、その後他の地域にも展開する。

 日野晃博社長は妖怪ウォッチについて、
「社会現象とも言える状態になった。
関連コンテンツはすべての分野で大ヒットし、
関連市場は2000億円規模になっている」と強調。
海外展開については「最大の力で進めたい」と述べた。
詳細は明らかにしなかったが、任天堂ブランドで
ゲームソフトを提供するほか、ハズブロが玩具「妖怪メダル」
などを販売するとみられる。

 発表会ではこのほか、
妖怪ウォッチに次ぐクロスメディアプロジェクトとして、
「スナックワールド」をアニメ、漫画、ゲーム、
映画などで展開すると発表。
ファンタジーと現代を融合させた独特の世界観が特徴という。

スポンサ-ドリンク







妖怪ウォッチ“ヒットの裏側” 46歳社長を直撃
ゲームソフトやアニメ、漫画を同時展開する「妖怪ウォッチ」が、
幼児や小学生の間で空前の大ブームとなっている。
ゲームソフトは、累計約300万本超を売り上げ、
関連のおもちゃも発売後すぐに品薄状態に。
「アナ雪現象」を巻き起こしたディズニーアニメ
「アナと雪の女王」にも負けず劣らぬブレークぶりだ。
何が子供たちの心をとらえたのか。
ヒットの仕掛け人に“お化けコンテンツ”誕生の裏側を直撃した。

 「妖怪ウォッチ」の快進撃が続いている。

 7月10日発売のニンテンドー3DS向け
ゲームソフト第2弾「妖怪ウォッチ2 元祖/本家」
(パッケージ版)の累計出荷本数が、200万本を突破した
(7月末時点)。

 ゲームマーケティングサービス「f-ism.net」の
調べでは、昨年7月に発売された第1弾も約120万本を
売り上げており、「1、2作を合わせると
約300万本以上のセールス」(業界関係者)という。

 今月2日には、玩具メーカーのバンダイが、
腕時計型おもちゃの「DX妖怪ウォッチ タイプ零式」を
発売。
販売店には予約が殺到し、一部で抽選が実施される
異例の事態となった。
ダイエット効果

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。