So-net無料ブログ作成
検索選択
流通業 ブログトップ

セブンは、なぜ大阪のスーパーと組むのか [流通業]

コンビニ最大手のセブン-イレブン・ジャパン、
総合スーパー(GMS)のイトーヨーカ堂を傘下に抱える、
セブン&アイ・ホールディングス。
この巨大な小売企業がじわじわと地方スーパーとの提携を増やし、
全国を手中に収めようとしている。
この3月10日には大阪府でトップシェアを誇る「万代(まんだい)」
(大阪府)との業務提携を発表した。
資本提携の締結に向けても協議を開始する。
なぜ今、セブングループがスーパーの拡大に力を入れるのだろうか。

■ 過去の提携の成果は? 

 2013年以降、セブングループは、北海道が地盤のダイイチ(30%出資)、
岡山の天満屋ストア(同20%)と、それぞれ資本提携をしてきた。
ダイイチではセブンのプライベートブランド(PB)商品が全店に、
セブン銀行のATM(現金自動出入機)も一部店舗に、導入が完了している。
菓子などの仕入れもイトーヨーカ堂と一本化し、
コスト削減を進めてきた。
また天満屋ストアでも、イトーヨーカ堂が開発した衣料ブランド
食品を2014年11月から取り扱い始めるなど、
少しずつ協業の範囲を広げている。

提携先の企業が展開する地区は、いずれもセブングループの
スーパーが少ない地域にあたる。
イトーヨーカ堂は3月現在、国内に184店舗を展開しているが、
うち6割以上が関東1都3県に集中。
グループ内ではほかに、北関東や東北に店舗を持つ、
ヨークベニマルなどがある。

スポンサ-ドリンク









今回の万代との提携でも、セブングループとしては、
手薄な関西地区を強化したい考えだ。
万代は大阪府を中心に兵庫県や奈良県、京都府などに、
約150店舗を展開しており、大阪府では食品売上高で12%強の
トップシェアを誇る。万代の不破栄副社長によると、
およそ1年前から情報交換を始め、2014年8月ごろから具体的な
提携の検討に入ったという。
今後は資本提携も予定しており、具体的な協業内容はこれから
詰めていく。

「提携はしたけれど、何の要望も言ってこない。
自由にやってくださいという雰囲気」と、ある提携先企業が拍子抜け
するくらい、束縛はしないセブングループ。
そのセブン側からすると、いったい何を求めて提携を進めて
いるのだろうか。

重要視しているのは「地域性の強化」だ。
セブングループでは昨春ごろから、セブン-イレブンと
イトーヨーカ堂を中心に、各地域ならではの食材や商品、
味付けを取り入れることを戦略の一つにしている。
たとえばPB商品「セブンプレミアム」の肉じゃがは、
全国版では豚肉を使用しているが、関西では牛肉を使用し、
味付けも変えたところ、売上げが伸びたという。
このほかメーカー商品に関しても、たとえばイトーヨーカ堂であれば、
その地域に根付いた調味料を拡充するといった具合だ。

■ 万代は2014年度決算も増収増益見通し

 万代は大阪トップというだけでなく、
この厳しい競争環境下にあって、業績を伸ばしている優良企業だ。
2013年度の売上高は2793億円と、業界内でも小さくはない。

2014年度決算も増収増益が見込まれており、
既存店売上高は前年度比103%を記録。
「もともと低価格の強いイメージだったが、最近は鮮度など質も
重視している印象。ここ数年は出店意欲も旺盛」
(近畿圏の食品スーパー)と勢いもある。

スーパーが繁盛するのは、地元の人々に支持されている証拠。
こうした企業と組むことで、セブン側は店作りのノウハウや、
そこにしかない商材とその仕入れルートの発掘を期待できる。
特にイトーヨーカ堂は2014年度の営業減益がほぼ確実という
厳しい状態で、第3四半期(2014年3~11月)時点で、
既存店売上高は前年同期比4%以上のマイナスだった。
消費者を引き付ける商品開発ができておらず、
改革が急務となっている。

タグ:セブン
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

「260店舗閉店」100円ローソンが犯した出店戦略のミス [流通業]

1月29日コンビニエンスストア大手のローソンが、100円の商品を
メインで扱う「ローソンストア100」の直営店200店を閉鎖する、
方針を明らかにした。
合わせて他のローソンストア100店のうち60店とローソンマート
全39店を、通常のコンビニエンスストアやドラッグストアを
併設した高収益性店舗へ転換することが分かった。

もともとローソンストア100はローソンが自社で独自に始めた
事業ではなく、2008年に九九プラスが運営する99円ショップ
SHOP99」の完全子会社化にともない、「ローソンストア100」に
転換・統合し出店を進めてきた業態だ。
これまでバリューラインという税込み108円均一の低価格な
ローソンのプライベートブランドを積極的に販売する等、
低価格商品を押し進めてきた。

デフレによる低価格志向の消費者に受け入れられ、
ローソンストア100は最盛期には1,100店舗近い出店を果たした。
しかし近年では既存店売上高が前年を下回り続けるなど、
苦しい台所事情となっていた。

一方ローソンマートは、提携農場で栽培した生鮮食品を積極的に
扱う等、コンビニとスーパーの良さを併せ持つ店舗として、
2014年2月にスタート。
現在では39店舗を展開するほどになったが、前年比16%の減を
見込むなど業績は低迷している。

■立ち位置が曖昧で、顧客に良さを十分に訴求できていない

 ローソンストア100とローソンマートは、ともに立地条件が悪い
地域への出店が多い。
とくにローソンマートは、当初は住宅地など近隣にスーパーが
ない地域を中心に、3年で500店を出店するという計画さえあった。
しかし立地条件が悪いため、業績も思ったより振るわず、
わずか1年で事業転換を迫られた格好だ。

ただし、立地条件だけが原因ではない。
ローソンストア100とローソンマートは、立ち位置が曖昧過ぎた。
ローソンストア100は、コンビニほど品揃えやサービスが良い
わけでもなく、100円均一のように商品が豊富でもない。
ローソンマートもスーパーほど品揃えがいいわけでもなく、
価格的にも低価格商品を扱う小型スーパーには勝ち目がなかった。
地域にこの店しかないのであればともかく、ちょっと足を運べば
品揃え豊富なスーパーがある場合は、どうしても客足はそちらに
向かいがちになる。

一方、イオンが展開する「まいばすけっと」は、店構えは
コンビニのようだが中味は食品スーパーを凝縮したような
品揃えを展開。
100円のような均一価格ではないが、99円や88円といった低価格で
生鮮食品を取り扱い、全国で600店舗近く出店する等、
勢いが止まらない。
またスーパーのマルエツが運営する、食料品メインで24時間営業
「マルエツプチ」も店舗を積極的に展開しており、
こうした小型スーパーともいうべき店舗は、とくに都市部を中心に
顧客は確実に流れている。

■本業回帰とM&Aのバランスが勝負の分かれ目
ローソン全体の業績は悪くはないが、他のコンビニと同様に既存店の
業績は芳しくない。
ただし買収した高級スーパーの成城石井や、医薬品を扱うコンビニ、
原材料や食品添加物にこだわったナチュラルローソンは好調だ。
とくに医薬品を扱うコンビニの業績がよく、ドラッグストア大手の
ツルハホールディングスと提携したことで、
今後3年で医薬品を扱うコンビニを100店舗出す計画だという。
登録販売者の資格が必要ではあるが、他のコンビニも同様に
医薬品を扱う店舗を増やすことが予想される。
コンビニとしての本業を固めるなかで、成城石井を買収したように
M&Aに資金を振り向けていくか、つまり本業回帰とM&Aをどう
バランスしていくか、それが勝負の分かれ目の年となりそうだ。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
流通業 ブログトップ
ダイエット効果

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。