So-net無料ブログ作成
ほめ上手 ブログトップ

●11.ほめ上手になるコツ! [ほめ上手]

こんにちは。
涼風るんな です。

ほめられて嬉しくない人はいないと思います。
そして、ほめてくれた相手には、良い印象を持ったり、親しみを
感じるものですね。
ぜひ周りの人の良いところを見つけて、ほめてあげてください。

それではお伝えします。
・仕事ぶりは素直に評価
部下や後輩、同僚に対しては、その業績や仕事ぶりなどを素直に
評価する。
ただし、上司や目上の方をほめるのは失礼な場合もあります。

・雰囲気をほめる
その人が持つ雰囲気をほめるのは、ちょと観察すればできる事。
「よく気が付く方ですね」、「一緒にいるだけで元気になります」など、
具体的なことではないので、初対面の人でも言いやすいです。

・たとえ難しい知識でなくてもほめる
「さすが食通!レストラン情報は○子さんに聞くに限るね」
など、どんな知識でも感心、感動したら素直にほめる。

・もの選びのセンスをほめる
洋服やバッグ、アクセサリ-、腕時計など、その人が持っているものを
ほめるのは、いつでも、だれに対しても、気軽に伝えられることです。
ただし、その物自体をほめるというより、それを選んだその人のセンスの
良さをほめると良いですね。

・家族をほめる
ご主人様や、お子様、ご両親などのことが会話に出てきたら、
その流れで「やさしいお母様ですね」「お子さん将来が楽しみですね」、
など、家族をほめてみるのも良いですね。

・最上級のほめ言葉
付き合いが長く、親して間柄であれば「尊敬しています」など、
その人の人柄や人間性をほめてみても良いですね。
ただ、「尊敬している」は最上級とも言えるほめ言葉だけに
多用するのは慎重に。

・小さなことでも認められるように
些細なことでもよいところを見つけたら口に出していってみる。
小さなことでも認められてあげられる人になりたいものです。

・ほめ言葉には気持ちをこめて
心にもないことを言っては、ただのお世辞やおべっかになります。
相手をほめるには良いと思ったことを素直にほめるようにする。

るんなは、あなたとの出会いを大切にいたします。
最後までお読みいただいて有難うございます。

以上
涼風 るんな でした。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
ほめ上手 ブログトップ
ダイエット効果

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。