So-net無料ブログ作成
検索選択

【巨人】“フラフランシスコ”もう2軍!守乱&5戦連続「マルチ三振」 [プロ野球]

◆広島4―1巨人(6日・マツダスタジアム)

 名前で皮肉っちゃ失礼だけど、言いたくなるよ
「守乱シスコ」―。
巨人がフランシスコの相次ぐ拙守で自滅した。
初回にバント処理の判断を誤ると、3回にはベースカバーが
遅れ捕球ミス。
どちらのボーンヘッドも失点を呼び込んだ。
さらにデビューから5試合連続の「マルチ三振」。
原監督は異例の早期2軍降格を決めた。
チームは今季3度目の3連敗。
珍サヨナラ負け、球団史上初の初回10失点、
助っ人の大失態と散々な内容で3タテを食らった。

 フランシスコは、スペイン語の通訳を伴わず
ロッカールームから出てきた。
報道陣から英語で問題の守りについて問われると
「NO!」―。
そう言い残すと、さっさとタクシーに乗り込んだ。

 球場出口にいたファンからは「少年野球か、ボケ」、
「なめとんか、デブ」とキツいヤジの雨あられ。
意味は分からずともののしられたことを察知したのか、
助っ人はいったん降車。現場に緊張が走ったが、
無言で再び乗車し球場を後にした。
スポンサ-ドリンク





 「下手」の二文字では片づけられない。
初回無死二塁、菊池のバントは一塁側に転がった。
菅野は二塁走者の憤死を狙い三塁側へ。
当然、一塁側の打球処理はフランシスコの役目だ。
だが、捕球せず、なぜか一塁へ戻るしぐさを見せて、
その場にしゃがみ込んだ。
菅野が慌てて捕ったがオールセーフとなった。

 そして、3回無死二塁から菊池がバスターで投ゴロ。
バントシフトを敷いていたため一塁ベースカバーに遅れ、
菅野からの送球を捕れず失策を犯した。
初回も3回も、むざむざ無死一、三塁を献上し犠飛と適時打で
2失点。
原監督も「何と答えていいか分からない。
プロとして非常に恥ずかしい」と絶句した。

 それでも、打てば目をつむることもできるが、
2回1死、5回1死ともに低めのカーブを空振り三振。
これでデビューから5試合連続の「マルチ三振」となった。
メジャー48発男が18打席11三振1打点と大ブレーキだ。

 退いた5回は早々とベンチ裏に退散。
6回から戻ったが、ナインが最前列でグラウンドに声援を送るのを
尻目に、後列に腰掛けふんぞり返っていた。
前列に出て応援したのは8回裏の1死二塁から。
ベンチでも「レッドカード」ものだった。

 4日は、内野陣の一人としてインフィールドフライを
捕り損ねサヨナラ負けの要因に。
5日には一塁後方へのファウルフライを捕球できず、
初回の10失点を招いた。指揮官は「20試合で3打点以下なら、
(スタメン落ちを)考える」と話していたが、
3戦連続の大守乱ぶりにデッドラインを大幅変更。
「うちは守りのチーム。もう一回、勉強し直してほしい」と、
亀井と入れ替えでの2軍落ちを明かした。

 チームは今季3度目の3連敗。
3月31~4月2日の中日3連戦(ナゴヤD)以来の3タテを
食らった。
原監督は「3連戦通じて消化不良的なゲーム。
我々の野球ができなかったのがこういう結果になった。
(野手が投手を)そのうち助ける」と総括した。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

年賀状の羊イラストに込められた・・・・・・? [ニュ-ス]

来年2015年度の年賀ハガキに粋な遊び心が込められていると
ネット上で話題となっている。

来年の干支は羊。
年賀ハガキの切手柄には右手に編み物棒を持ちマフラーを巻く羊の姿が
描かれているが、実はこの裏には壮大なドラマがあったというのだ。

カギを握るのが前回干支が羊だった2003年の年賀ハガキの切手柄。
羊は編み物棒を使い何かを編んでいる様子が描かれている。
つまり12年をかけてついに羊がマフラーを編み上げたことがわかる
仕組みなのだ。

この一大編み物ドラマは意図したものなのか。
日本郵便の広報担当者は「意図があってやったものです」と話す。

「年賀状を楽しいものにしたいとの思いから、今回こういったイラスト
となりました。
インターネットなどで反響になっているとも聞いています。
喜んでいただければ非常に私たちとしてもうれしい」
羊イラストだけでなく、そこに込められた日本郵政の気持ちにも
ほっこりしそうだ。

スポンサ-ドリンク






日本郵便の年賀はがき通販ページを覗くと、ミッキーマウスやハローキティなど、
人気キャラクターものに混じって、ウールと思われるマフラーを首に巻いている、
ほほえましいヒツジのイラストがあります。
 
注釈には、「12年前の未年用の年賀はがきのデザインでは編みかけだった
マフラーが完成しました」
 …とあります。

 え?12年前に編みかけだった??
 確かに左手には、編み物に使う棒針が…。

「過ぎ去った時間、あたたかく懐かしんで」
 12年前の2003年の年賀はがき。当時の見本はがきを確認すると、
確かに手編みしています。
 いったい12年もの間、誰を想いながら編んでたんでしょう?

 単に自分のためだったのでしょうか。
それとも、誰かのために編み始めたのか…。
 あれこれ、ドラマを想像してしまいます。

 日本郵便広報室によると、こういった、12年前の同じ干支の動物同士で
ストーリーがつながるデザインは、今回発売した、
2015年のヒツジが初めてとのこと。
 今回も12年前も、デザインは同じデザイナーさんが担当したそうです。
 「このハガキをきっかけに、『そういえばあのころ(12年前)は…』と、
過ぎ去った時間も暖かく懐かしんでいただければ幸いです」と、
12年越しでストーリーが完結するデザインの意図を話しています。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

ソニー、今期は1400億円の最終黒字めざす 3年ぶり黒字転換へ [ニュ-ス]

ソニーが30日発表した2015年3月期の連結決算は、
最終損益が前期とほぼ同水準の1259億円の赤字となった。
しかし業績改善が進んでいるとして、今期(16年3月期)は
一転して1400億円の大幅最終黒字を目標に設定した。
実現すれば3年ぶりの黒字決算となる。

 ソニーは昨年度決算について、今年2月に営業利益200億円、
最終赤字1700億円という修正予想を発表したが、
金融事業、音楽、映像、ゲームなどの事業の改善が
進んだことで、先週、上方修正を発表した。

 30日発表では、売上高が前期比5.
8%増の8兆2158億円、営業利益が2.
6倍の685億円と、ほぼ先週の修正発表通りとなった。

 今期はさらに家電などでも業績回復が進むとみて、
最終損益で黒字転換をめざす。
売上高は3.8%減の7兆9000億円、
営業利益は4.7倍の3200億円を予想している。

 しかしソニーはここ2年、業績不振を受けて、
期初に発表した目標を頻繁に下方修正してきた。
特に14年3月期は期初目標が500億円の最終黒字だったが、
実際には1200億円を超える赤字となった。




韓国サムスンがはまる市場の罠 ソニー、シャープの姿が重なる高級化路線の隘路
韓国のサムスン電子は、“わな”に足を踏み入れてしまったのかも
しれない。
スペインのバルセロナで1日から開かれた世界最大の携帯端末見本市
モバイル・ワールド・コングレス」に合わせて公開した同社の
スマートフォンの最新モデル「ギャラクシーS6」。
そこで示された高級化路線に、かつてのソニーやシャープの
姿が重なってみえた。
スポンサ-ドリンク





■スマホ販売、世界首位から陥落

 2014年に3年ぶりの減益に沈んだサムスン電子の不振は、
主力のスマートフォン事業の収益悪化が主因だ。
米調査会社のガートナーによれば14年10~12月期のスマート
フォンの世界販売台数でサムスンは米アップルに抜かれ、
11年から守り続けていた首位から転落、
販売台数は前年同期比12%減と落ち込んだ。
巻き返しに向けて、アップルの
「iPhone(アイフォーン)6」を
意識して高級感を高めたギャラクシーS6を投入するのは当然の
対抗策かもしれない。

 S6は、アップルのお株を奪うメタルボディーや強化ガラスを
採用し前モデルで「安っぽい」とされたイメージを払拭。
ワイヤレス充電や独自の決済サービス「サムスンペイ」などの
搭載で性能を高め、業界で初めて両側面に曲面ディスプレーを
使い立体感を演出した機種「S6エッジ」も用意した。
公開を受けて、米ウォールストリート・ジャーナルが
「サムスンがこれまでに作った携帯電話の中で最も美しい」と
報じるなど、来月の発売を前にメディアの評判は上々。
韓国大手紙の中央日報(電子版)によると、
サムスンでIT・モバイル事業を担当する申宗均
(シン・ジョンギュン)
電子IM部門長(社長)も、前モデルに比べ販売ははるかに増え、
「今年は(サムスンスマートフォンの)売上高シェアも非常に
良くなると期待している」と自信を示しているという。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
ダイエット効果

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。