So-net無料ブログ作成

【巨人】原監督、4番理想の村田が「一番だらしない」 [プロ野球]

巨人が26日、沖縄・那覇での第2次キャンプを打ち上げ、
原辰徳監督(56)が、スポーツ報知の単独インタビューに応じた。
指揮官は攻撃面でのレベルアップに確かな手応えを感じ、中でも実戦で
4番に据えた大田については「いいイメージだね」と及第点を与えた。
ただ、復活を期待する村田には「凡打の内容が悪い。
現状では一番、だらしない」とバッサリ。
眠れる大砲に奮起を促した。
充実感あふれる表情だった。
宮崎、那覇での約1か月のキャンプを終えた原監督は、
成果を強調した。
「100%に近い状態で消化できた。(選手)
それぞれがしっかり準備し、自覚もあったと思う」

指揮官は今キャンプのテーマを「解体」に設定し、一から「戦える選手」を
探した。
阿部、村田、内海、杉内には、もう頼らない―。
この考えを原点に新たなチームづくりに没頭した。
その主役に立ちそうなのが、プロ入り7年目の大田だった。
「打撃にしても、守備にしても、走塁にしても、強い意志を感じるキャンプだった。
自分の野球に自信を持ててきた。
どういう状況でも、集中力が出ているように見える。
いい位置でやれているし、今後、しがみついてでも今の状態から少しずつ、
上がっていってほしい」
右の大砲は、紅白戦、練習試合、オープン戦と、計8試合で4番に座り、
32打数13安打、打率4割6厘、1本塁打と結果を残した。
4番の大本命だった阿部が、16日からの那覇キャンプ中に右ふくらはぎを
痛め、別メニュー調整が続く。
ポッカリと空いた「大役」の座を、着実にものにしようとしている。
開幕4番は近づいているのか。そう問いかけると、原監督は腕を組み、
真剣な表情でうなずいた。
「それは、そうだな。
今のところはね。
いいイメージはあるよ。
現状、4番を打つ人がいないしな。そこに新たに彼が入ってきた。
ホームランも打ったし、勝負強さも見せた。
それを継続している。
今後はどんな投手がきても対応すること。
ギブアップしないこと。結果は三振の打席があっても、
(その過程で)相手投手にかすり傷を負わせるくらいには戦ってほしい」
収穫は、大田だけではなかった。実戦で打率3割超をマークする橋本や松本哲、
中井、堂上らの台頭だ。ここから、レギュラーを奪い取るには何が必要なのか。
「力だよ。力でライバルをねじ伏せないと。中井の場合は、村田がいる。
経験、守備力というのは(村田の)足元にも及ばないわけだから」
ここで、指揮官の眉毛がつり上がった。厳しい口調で一気にまくし立てた。
「本当は、このチームは村田が4番に座ってくれるのが一番いい。
ただ、現状では一番だらしないな。
今、結果は関係ないとはいえ、あまりにも凡打の内容が悪いし、スイングが弱い。
みんなスイングが強くなっているから、なおさら目立っている。
そういう時だからこそ、中井とかに飛び抜けてほしい、というのはある」
昨年、主軸は低迷した。特に阿部と村田が打率2割5分前後をさまよい、
チームを引っ張れなかった。
「解体」のきっかけだった。主力といえども出直しを求め、奮起、
アピールを待っていたが、村田からは感じられなかった。
「開幕に間に合えばいい、という安易な気持ちでいると、
去年と同じシーズンになってしまう。
今、チームで一番スイングが遅い。
160キロマシンをやっていることも、いい方向にいっていない」
真っすぐに強い巨人打線を目指し、秋季キャンプから体感速度が160キロを
誇る超高速マシンを導入。宮崎、那覇でも継続して“特訓”していた。
「今年は『去年のようなシーズンは絶対に送らないぞ』と臨んでいる。
昨年は、各打者のスイングが弱かった。もう少し強いスイングをさせたい。
速い球に強いバッターを作りたい。それを分かりやすくするために秋からやってきた。
キャンプを通じ、選手たちのスイングに速さ、強さ、真っすぐに対する対応力と、
少し兆しみたいなものは見えてきた」
160キロに目と体が慣れ、秋は前に飛ばせなかった選手たちが、
今では真芯で打ち返せるようになった。
大田や中井、橋本や松本哲らがその典型で、効果は結果として表れた。
村田は実戦で計19打数3安打、打率1割5分8厘だった。
指揮官が語ったように、「経験と守備力」は、レギュラーとして外せないものだ。
だが、中井の成長がこのまま続けば、開幕スタメンの座は、保証されないだろう。
過去の実績は、関係ない。手術明けの長野でさえも、
原監督は「戻ってきてすぐにレギュラーというのはね」と語り、
安泰とはいえない状況だ。小林、相川の正捕手、先発ローテ、沢村、
マシソンの守護神と、各ポジションでの争いは続いていく。
「新成ジャイアンツ」に生き残るのは誰か。本当の勝負が始まる。

タグ:巨人 原監督

大塚家具“泥沼内紛”招いた「父=職人気質」と「現代才女」の水と油 [ニュ-ス]

老舗家具大手の大塚家具で、創業家父娘の対立が泥沼化している。
創業者、大塚勝久会長の長女、久美子氏が1月、半年ぶりに
社長に復帰すると、勝久氏を3月下旬の株主総会で解任することを
今月13日に決定。
これに対し、勝久氏は会社に対し自らの取締役再任と久美子氏の
解任を求める株主提案を突きつけるなど、「やられたら、やりかえす」
異常な事態となっている。
市場からは「“お家騒動”による経営の混乱は上場企業にあるまじき
行為」と指摘する声も出ており、イメージ悪化による顧客離れが
危惧されている。

大塚家具は今月17日、勝久氏が行った「株主提案」に
反対することを発表。
勝久氏が求めたのは勝久氏や、長男の勝之専務の再任を含む
取締役10人の就任。
そこに社長の久美子氏の名はなく、事実上の久美子氏の
解任を要求したことになる。
久美子氏が半年ぶりに社長へ復帰し、会長兼社長だった勝久氏が
会長専任となったのは1月28日。
関係者によると、この人事を決めた同日の取締役会で、
勝久氏は反対に回り、翌日久美子氏の解任を求める株主提案を
提出したという。
実はこの時点で、勝久氏を会長職から解き、経営から手を引かせる
ことは、経営陣の中で既定路線となっていた。
勝久氏の株主提案は「その既定路線を牽制(けんせい)する
意味があった」(同)。
そして、勝久氏は株主提案を取り下げる代わりに、自分を含む特定
メンバーを経営陣に残せとする「条件闘争」に入ったという。
だが、久美子氏ら経営陣は応じず、今月13日の取締役会で、
勝久氏の会長解任を決定。
同時に勝久氏に株主提案を取り下げるよう説得を進めた。
久美子氏自身も動いた。
土日の14、15日に勝久氏へ連絡をつけようとしたが、
行方が分からず、つかまらない。
月曜(16日)朝、会社で勝久氏を見かけ話しかけようとしたが、
勝久氏は応接室に逃げ込み出てこなくなったという。
そしてその日午後、勝久氏の秘書から「会長には提案を取り下げる
意思はない」とのメールが届く。
これを会長の最終意思ととられた経営陣は、株主提案の内容と、
それに反対する方針を17日に公表することを決めたという。
公表文の中で、大塚家具は勝久氏について「漫然と広告宣伝費の
支出を増加させたことから、会社の業績を悪化させた」と非難。
社長交代直後に株主提案をしたこと自体が、「企業価値・株主利益を
毀損(きそん)する」としている。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

ファミレス好調を支えるメニュー値上げの舞台裏 [ニュ-ス]

ファミリーレストランが好調だ。
すかいらーくは2014年度決算で当期利益が95億円と33%増。
ロイヤルホールディングスは同12%増の19億円で、18年ぶりに
3期連続の増収増益を果たした。
背景にあるのは値上げだ。
例えば、すかいらーく傘下で全国に1347店あるガストでは、
「価格は1000円を超えないのが鉄則だった。過去に何度もトライしたが、
いずれも失敗に終わったからだ」(谷真・すかいらーく社長)。
それが昨年、1000円を超える季節限定メニューを投入したところ
予想外の売り上げに。
中でも、ステーキにサラダや総菜を組み合わせた「和膳」は大ヒットした。
こうした状況を受けガストでは、1000円超のメニューを季節限定ではなく、
定番メニューに変更。また、小皿メニューも増やし、
さらなる客単価上昇を狙っている。
消費増税や円安による食材費の高騰などで、値上げせざるを得ない状況に
追い込まれたのも確かなこと。
しかし、単純に値上げするのではなく、材料や調理法を見直すなど
付加価値を付けながら実施したことが消費者に支持され、
客単価も3.3%上昇したという。
ロイヤルホールディングス傘下のロイヤルホストも傾向は同じ。
高級食材を積極的に採用して価格を上げており、
客側も「880円のドリアより1280円のシーフードドリアの方が売れる」
(矢崎精二・ロイヤルホスト社長)というように、その姿勢を評価している。
さらに「接客スタッフを増やしたり、全面禁煙にして店内環境を良くしたり
したところ、滞在時間が長くなり、デザートなどの追加オーダーが増えた」
(矢崎社長)といい、14年は客単価が4.1%上昇した。
通常、単価を引き上げると客数は落ちるが、両社共に既存店売上高は
100%をキープしており、健闘しているといえる。

● 学生やファミリーは減
さらに大胆な策を打ち出したのがデニーズだ。
3月からのメニュー改定で、朝食は700円、ランチは900円と1割、
ディナーは1300~1400円と3~4割程度価格を上げる。
実はこうした値上げの裏で、客層のパラダイムシフトが起きている。
かつてファミレスがターゲットとしていた若者から、退職して懐に余裕のある
シニア層へと顧客層が移っているというのだ。
ビッグデータ分析をしているすかいらーくによると、
「1000円以上注文するシニア層が増えている一方で、学生やファミリー、
世帯年収400万円以下の来店客は減った」(谷社長)。
そのためすかいらーくでは、深夜営業をやめて朝の開業時間を早めるなど
店舗運営でもシニアシフトを進める。
値上げしても来店してくれるシニア層をうまく取り込みながら、
ファミレスはしばらく好業績をキープしそうだ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

嵐 60秒CMでお茶の間ジャック  [嵐]

嵐の5人が、新感覚パズルRPG「パズル&ドラゴンズ」
(パズドラ)のリリース3周年記念CMで、お茶の間ジャック
を果たす。
今回のCMは、通常のパズドラCMとは異なり、ゲーム内容や世界観を
一切描かず、嵐がダイナミックなアクションに挑むというもの。
このCMの60秒特別篇が20日20時59分ごろ、全国のテレビ局で、
一斉オンエアされることが決まった。
たった60秒のために、圧倒的な熱量で制作されたCMは見ごたえ十分。
これまで嵐が出演してきたCMは、明るく爽やかなイメージだったが、
今回は終始無言という設定のため、それぞれが役に集中しており、
今まで見たことがない“嵐”が描かれている。
アクションシーンの撮影に臨んだメンバーは悪戦苦闘。
特に櫻井は、どうしても目を閉じてしまい「あっ、今のダメだ…」
「しまった~、絶対つぶった~」と悔しそうに叫ぶことも。
それでも監督から「これがラスイチ」と告げられ臨むと、
完璧なアクションを披露。
「前フリが長すぎましたね」と自嘲気味に笑う櫻井の一言で、現場は爆笑に
包まれたという。
また、60秒CMが一度しか放送されないことにちなみ、一度でいいから
やってみたいことは?という質問に、相葉は「みんなで富士登山!」と即答。
松本が「俺らも行くの?」と戸惑うものの、
「1人で行くのはちょっとさみしいから、みんなで行きたいの」(相葉)と
返すなど、撮影後は、相変わらずの仲の良さをにじませていたという。
なお、60秒CMに先立ち、17日から「ティザー」篇を放送。
また20日21時以降、30秒バージョンを順次放送していく。
また特別映像などが見られる記念特設サイトも17日からオープンする。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

佑ちゃんローテ入り後退の2失点…栗山監督「たわけもの」 [プロ野球]

「オープン戦、ヤクルト4-0日本ハム」(22日、浦添)

開幕ローテ入りへ前進どころか一歩後退だ。
3番手で登板した日本ハム・斎藤佑樹投手が4回を2安打
2失点3四球。
最速143キロをマークしたが制球に苦しむ内容に、栗山監督は
「球がよかっただけにもったいない。たわけものだ」と
不満をあらわにした。
イニングごとに、いい佑ちゃん、悪い佑ちゃんを交互に繰り返した。
五回を無失点に抑え、上々の立ち上がりを見せたが、
六回は先頭打者から2連続四球を与え失点。七回は3者凡退に
抑え立ち直ったと思わせたが、八回には四球絡みで2死一、
二塁のピンチ。
荒木への初球が暴投となり、二塁走者の本塁生還を許した。
「やっちゃいけない点」と栗山監督はばっさり切った。
8日・紅白戦の2回1失点、14日・DeNA戦の3回2失点に続き、
実戦でいずれも失点。
「点を取られて反省しないといけない。
次はゼロに抑えないといけない」と唇をかんだ佑ちゃん。
次回は中5日で28日広島戦の登板が有力。
背水の覚悟で臨み、是が非でも無失点で抑える。


佑ちゃんガックリ初スキャンダル!年上キャバ嬢と…寝顔までバラされた


 プロ野球日本ハムの“佑ちゃん”こと斎藤佑樹投手(22)に27日、
初スキャンダルが持ち上がった。
28日発売の週刊誌「女性セブン」が、佑ちゃんと交際していたという
年上女性の証言を基に「私を抱いた佑ちゃん」と題した記事を掲載している
。開幕から2連勝を続ける“持ってる男”に初のスキャンダル。
ラブホでの寝顔までばらされてしまい、女運は持ってなかったかも。
ドラフト1位で日本ハムに入団し、開幕から連勝して勢いに
乗る佑ちゃんに初めて醜聞が湧いた。
同誌によると、女性は佑ちゃんより一回りほど年上。
キャバ嬢だった時には4カ月で500万円を稼いだこともあるという。
2人が出会ったのは07年。佑ちゃんが早大に入学したころだった。
女性が携帯電話の番号を添えたファンレターを出したのがきっかけとなり、
6月に初めて会った。
その日は、日米大学野球のため米国に出発する前夜だった。
佑ちゃんが宿泊する同じホテルに女性が部屋を取り、佑ちゃんは女性の
部屋で一夜を共にしたという。  
札幌ドームでのソフトバンク戦前に、同誌の記事について報道陣から
問われた佑ちゃんは「(記事が出ることを)知っています」とうつむき
加減に話した。
 試合前練習では、次回先発が予定されている5月1日の西武戦(札幌D)へ
向けてブルペン入り。
中嶋捕手兼任コーチと会話をかわし「ピッチングについてアドバイスを
もらいました」といつもどおりにこやかに話した。
また、交流戦へ向けた投手陣の打撃練習にも、笑顔で参加。
初スキャンダルにも動じるようすはなく、野球に集中していた。
開幕から絶好調の佑ちゃんだが、25日に吉井投手コーチから変化球が
多すぎることを指摘され、「直球を増やせ」とだめ出しされたばかり。
これからはマウンドでも女性にも直球勝負をすることが求められそうだ。

ANA、正式に共同スポンサーに名乗り スカイマーク支援で [ニュ-ス]

民事再生手続き中のスカイマークの再建を支援する共同スポンサーとして、
全日本空輸を傘下に持つANAホールディングス(HD)が23日、
正式に名乗りを上げたことが分かった。
同日、支援意向表明書を提出した。
スカイマークは、助言役のGCAサヴィアン(東京)を通じて
共同スポンサーを募集しており、国内外の航空会社は23日
が応募の期限となっていた。
ANAHDは、スカイマークへの出資を視野に入れているもよう。
また事業面での支援策では、燃油の共同購入や羽田空港発着便を
中心とした共同運航などを柱としているとみられる。
航空会社以外の企業は19日に応募の受け付けを終えている。
旅行大手のHIS(エイチ・アイ・エス)やリース大手のオリックス、
金融、商社など計20社近くが支援意向を表明した。
スカイマークは5日に投資ファンドのインテグラル(東京)と
スポンサー契約を締結。
今回、各社が示した支援策を検討した上で、2月中にも共同スポンサーの
選定にめどをつけ、再生計画案を策定し5月29日までに
東京地裁に提出する。



ANA、スカイマークに出資含む包括支援提案へ

全日本空輸を傘下に置くANAホールディングスは23日、
民事再生手続き中のスカイマークに対し、出資を含む包括的な
支援策を提案することを正式に決めた。
スカイマーク便の座席の一部を買い取る共同運航や燃料の
共同購入によるコスト削減などを提案する。
ANAとしては、スカイマークの大口債権者となっている
リース会社や、最大7億ドル(約830億円)の違約金問題を
抱える欧州旅客機大手エアバスとの交渉について、
影響力を発揮できる点なども強調する。
スカイマークは再生計画案の策定に向けて支援企業を募っており、
23日が航空会社の応募期限となっている。
航空会社以外では、すでに旅行大手のエイチ・アイ・エス(HIS)や
リース大手のオリックスが、出資も視野に入れた支援を提案している。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

メンズ用も ルーズソックス人気復活 [ニュ-ス]

90年代半ばに女子高生の間で大流行し、
96年には新語・流行語大賞トップテン入りを果たした
「ルーズソックス」が、じわじわと復活中だ。
当時はローファーのかかと部分が見えなくなるほど
たるませて履くスタイルが流行したが、今はエレガントに
履ける“ほどよい短さ”が人気。
また、男性用のルーズソックスも発売されるなど、
以前とは違った現象も起きている。
ミニスカートやローファーと共に、制服の一部として
流行したルーズソックス。
当初は“脚の細見せ効果”を狙って広がったブームだったが、
愛用者が増えるにしたがい、当時の女子高生を象徴する
アイテムへと成長していった。
しかし、90年代後半に入ると紺のハイソックスが台頭し、
ルーズソックスの文化は廃れることに…。
約20年ぶりの復活となる今回は、制服ではなく
私服に合わせてコーディネート。
2013年からソックスをアクセントにしたトレンド
ファッションが人気となり、
バリエーションのひとつとして注目を集めている。
チュチュアンナによると、現在の人気を支えているのは
10代ではなく20代女性が中心。
素材や丈、カラーなどを幅広く取り揃えていることもあり、
「キレイめスタイルからカジュアルまで合うため、
30代の方にも人気」だという。
いちばんの売れ筋は28~35cmの丈で、
「スニーカーやマニッシュ靴、パンプスなど、
幅広いコーデに合います」(同社)。
スニーカーブームに合わせて昨年の春頃から取り揃えるように
なったというタビオでも、購入者層は20~30代が中心。
ショート丈がダントツの人気で、カラーは白のほか、
合わせやすいグレーも支持されている。
また、「レディースと同じものが欲しい」というリクエストが
あったため、メンズ用のルーズソックスも展開。
こちらも「おしゃれ感度の高い方々に人気」
(同社)だという。
90年代のルーズソックスブーム時にもっとも有名だった
ブランドは、ウィックス社がライセンス契約を結んで
展開している米国発の「E.G.SMITH」。
流行当時は生産が追い付かずに米国製を販売したものの、
5~6年前から日本製に切り替えているため履き心地が
向上しているという。
今のブームの中心は当時を知らない20代女子
ということもあり、影響はあまり受けていないらしいが
「体育で必修科目になった影響もあり、
ダンス用にルーズソックスを購入する人が増えている」とか。
90年代より洗練され、バリエーションも広がった
21世紀のルーズソックスブーム。
タビオは「海外のコレクションでも出ているので、
続くと思われます」と
予測しているが、今後、どこまでこの人気が広がるか注目だ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

HIS、スカイマーク支援に名乗り [ニュ-ス]

エイチ・アイ・エス(HIS、9603)は2月19日、民事再生手続き中の
スカイマーク(SKY/BC、9204)の再建を支援する意向を明らかにした。
SKYは1996年11月、規制緩和による新規航空会社の1社目としてHISの
澤田秀雄会長らの出資で設立された。
HISでは、今回の支援について「創業時のように(出資比率の)過半数を
取るなどの考えはない」として、今後SKYのスポンサーに選定された場合、
航空券販売などを軸に支援を検討していくという。
HISはこれまでもSKYの航空券を販売をしており、
「地方路線を利用するツアーも考えたい」としている。
HISはSKYの大株主だったが、今月9日付で提出した変更報告書によると、
4日に492万6100株を市場で売却。
保有割合は6.49%から1.09%に低下している。
SKYは10日に、スポンサー募集や選定などの助言をする
フィナンシャル・アドバイザー(FA)に、GCAサヴィアン(2174)を選任。
スポンサーに名乗り出る期限は、一般企業が19日、
航空会社は23日となっている。
SKYや同社が再生支援基本契約を結んだ投資ファンド、
インテグラルが協議し、スポンサーを選定する。
国内航空会社によるSKY支援を巡る動きとしては、
ANAホールディングス(9202)の伊東信一郎社長が13日、
「大いに関心を持って見ている」と都内で開かれた会見で発言。
支援に前向きな姿勢を示している。
一方、日本航空(JAL/JL、9201)の植木義晴社長は18日、出資について
「今すべきことではない」と述べ、2014年11月から進めてきたコードシェア
(共同運航)の協議についても「(SKYが)再生計画案を作り、事業計画を
決めるのが先決。
決まった後であれば検討したい」として、白紙となっていることを
明らかにした。

オバさんにはならない森高千里 ミニスカ今も、セルフカバー160曲に [芸能関係]

逢(あ)ってきちゃいました。森高千里(45)に。
これまでスポーツ紙とのインタビューは、やってなかったそうで…。
ミニスカート姿、とっても似合うんです。
中学生の子供がいるなんて信じられないくらい。
こんなにキュートな40代のロックシンガーは他にいませんよ!
音楽記者歴25年、芸能デスク歴も10年になるのに、恥ずかしながら
先輩記者に付き添ってもらった。
冷静さを欠いて取材にならなかった時のためだ。
そんな一方的な期待を裏切らない。
膝上丈のミニ。
“あの歌”、森高には今後も当てはまらないだろう。
♪ミニスカートはとてもムリよ、若い子には負けるわ
(92年「私がオバさんになっても」)
「ミニって年をとっても似合う方が多くなりましたよね。
私もステージ演出として必要ならはきます。もともと好きなので」
13年3月に15年ぶりの公演を行って以降はライブづいている。
昨年はツアーに加え、洋楽の大物が集う「サマーソニック」に参戦し、
渋谷のクラブにも出演。
今年はジャズの老舗「Blue Note」から始動した。
「久しぶりのライブ当初は声が出ないな、とか表現方法を取り戻せずに
照れちゃいました。
お客さんとのやりとりを重ねるうちに、声も出るようになり自然と
体も動いて“次はこう表現したいな”って欲も出てきた」
ステージではドラムも叩く。国内屈指のドラムス奏者、村上“PONTA”
秀一(64)らが絶賛する腕前だ。
「レコーディングで使っていたセットを自宅に持ち込んで練習していたんです。
子供も興味を持ってくれたので、叩かせてあげたくなって」
12年からセルフカバーがライフワーク。
You Tubeに公式チャンネルを開設し、200曲を目標に公開中。
17日現在160曲目。
過去の自分の作品と向き合い新たな編曲で歌う。
「自分で作詞していなかった初期は歌詞を理解できず背伸びして歌っていた。
今は、こういう意味だったんだなって分かる。
恥ずかしくて歌えなかった言葉も歌える」
夫は俳優の江口洋介(47)。
1女1男の母でもある。
ツアー中は現地に泊まらず、一度帰宅して出直すこともある。
「結婚前は完璧夜型。夜もレコーディングが続き、帰宅して朝方寝て、
起きたら“笑っていいとも!”が始まっている生活。
それが家庭に旦那さんがいて子供がいて朝型になって超健康。
子供が帰ってくる時間を見計らってご飯を作る。
その合間に仕事の時間をつくる」
ずうずうしく子育ての悩みまで聞いてもらった。
わが子が5年間習ったピアノに嫌気がさしていることを相談してみると――。
「私もピアノの先生になりたくて小さい頃から習った
。厳しくて練習しないとピアノに鍵をかけられたりして。
嫌な思いもした。
音楽って楽しむもの。
弾きたい曲の楽譜を見つけてあげると長続きするんじゃないかな」
87年のデビュー当時はアイドルブームが落ち着き、バンドブームのまっただ中。
「自分らしさを出す」方法は「自分の言葉で歌う」ことだった。
初作詞曲から独特の言葉遣いが強烈だった。
♪お嬢様じゃないの、わたしただのミーハー!(88年「ミーハー」)
「自分はミーハーだったんです。最近“ミーハーって何の意味?”と
言われちゃう。
そういえばもう使わないですよね」
奇想天外の歌詞が多い。吉田拓郎(68)が我々が今まで何十年も
かけてつくり上げた世界観を、森高が一瞬で破壊してしまった」と
評価したほど。
「勉強」や「授業」はサボるものだと歌うのがロック/ポップスの
定石だったが、森高らしさはもう一ひねり。
♪勉強は、しないよりも、しておいた方がいいわ(91年「勉強の歌」)
「自分自身がもう少し勉強しておけば良かったなと思って書いた。
今は子供にも、そうなんだよという立場で歌える」
曲ができた後に歌詞を乗せる「曲先」タイプ。例えば「渡良瀬橋」
(93年)は地図帳を開いて、目に留まった名称の言葉の響きから
着想を得た。
「海をイメージしたら夜中でも車を自分で運転して見に行く。
恋愛ソングは自分を主人公に置き換えたりした。
(独身時代の)後半は私が将来どうなっていくのかな?と
悩んでもいたので女性目線の曲が多いですよね」
中でも「私がオバさんになっても」は一番の代表曲と紹介されがち。
それ以上のヒット曲が、たくさんあるのだが…。
「(この曲に)ここまで引きずられるとは思ってもみなかった…。
タイトルに引っかけられて記事を書かれることが多くて“またか”みたいな。
そう(オバさんって)いわれないように、がんばるしかないですかね~」
 断言しよう。森高はオバさんにはならない。
◆森高 千里(もりたか・ちさと)本名江口千里。1969年(昭44)
4月11日生まれ、熊本県出身。
87年「NEW SEASON」でデビュー。
89年、南沙織のカバー曲「17才」でブレーク。
99年に結婚した江口洋介との間に1女1男。血液型O。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

「残業代ゼロ」法案=過労死法案の誤解を解く [ニュ-ス]

国際的にみて長過ぎる日本の労働時間は、労働者の健康を損ね、
時間当たり労働生産性の向上を阻害するとともに、
仕事と家庭の両立を図る働き方への大きな障害となっている。
この背景にあるのが、事実上、残業労働に割増賃金を義務付ける
労働時間制度だ。
これは長時間労働の防止に効果的ではないのみならず、
むしろ長い労働時間を誘発することがある。

2月13日には、労働時間の規制を改革するための労働政策審議会の
分科会報告が公表された。これは昨年の産業競争力会議の答申内容を
具体化したもので、長すぎる労働時間を短縮させる先進国型の
労働時間規制に向けた改革への第一歩といえる。
また、最低限5日間の有給休暇を企業が指定する仕組みも、
初めての試みである。

● 実は労働時間の上限を法律で制限 目的は労働者の健康管理
今回の制度改革のもっとも大きなポイントは、
「高度プロフェショナル制度の導入」である。
これは高度な技能を持ち、自らの裁量で働く労働者については、
残業手当の規制を適用しない、米国の「ホワイトカラー
・エグゼンプション」に類似したものである。
しかし、日本では、企業間を自由に移動し「離職の自由」をもつ、
米国の専門職労働市場とは大きな違いがある。
このため、欧州型の労働時間の上限を規制する仕組みと組み合わせる
ことで、労働者の健康確保を担保する措置を図っている。
その措置とは、(1)仕事を終えてから翌日の仕事開始まで、
例えば11時間の休息時間を設定、(2)実際の労働時間よりも幅広い
在社時間等の健康管理時間の制限、(3)例えば年間104日の休業日数を
与える使用者の義務等、多様な基準での労働時間の上限を法律で
制限することである。
法律で労働時間を規制することの本来の目的は、労働者の健康管理であり、
賃金を増やすことではない。
今回の改革案に対して「残業代ゼロ法案」とレッテルを張る論者は、
「残業代さえ払えば、事実上、際限なく労働者を働かせても良い
現行制度の方が望ましい」ということに等しい。
もっとも、現行法でも労働組合が拒否すれば、週15時間、
月45時間等の法定の残業時間制限を超えることはできないが、
これは現実に実効性のある規制とはなっていない。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
ダイエット効果

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。