So-net無料ブログ作成
検索選択

【巨人】“フラフランシスコ”もう2軍!守乱&5戦連続「マルチ三振」 [プロ野球]

◆広島4―1巨人(6日・マツダスタジアム)

 名前で皮肉っちゃ失礼だけど、言いたくなるよ
「守乱シスコ」―。
巨人がフランシスコの相次ぐ拙守で自滅した。
初回にバント処理の判断を誤ると、3回にはベースカバーが
遅れ捕球ミス。
どちらのボーンヘッドも失点を呼び込んだ。
さらにデビューから5試合連続の「マルチ三振」。
原監督は異例の早期2軍降格を決めた。
チームは今季3度目の3連敗。
珍サヨナラ負け、球団史上初の初回10失点、
助っ人の大失態と散々な内容で3タテを食らった。

 フランシスコは、スペイン語の通訳を伴わず
ロッカールームから出てきた。
報道陣から英語で問題の守りについて問われると
「NO!」―。
そう言い残すと、さっさとタクシーに乗り込んだ。

 球場出口にいたファンからは「少年野球か、ボケ」、
「なめとんか、デブ」とキツいヤジの雨あられ。
意味は分からずともののしられたことを察知したのか、
助っ人はいったん降車。現場に緊張が走ったが、
無言で再び乗車し球場を後にした。
スポンサ-ドリンク





 「下手」の二文字では片づけられない。
初回無死二塁、菊池のバントは一塁側に転がった。
菅野は二塁走者の憤死を狙い三塁側へ。
当然、一塁側の打球処理はフランシスコの役目だ。
だが、捕球せず、なぜか一塁へ戻るしぐさを見せて、
その場にしゃがみ込んだ。
菅野が慌てて捕ったがオールセーフとなった。

 そして、3回無死二塁から菊池がバスターで投ゴロ。
バントシフトを敷いていたため一塁ベースカバーに遅れ、
菅野からの送球を捕れず失策を犯した。
初回も3回も、むざむざ無死一、三塁を献上し犠飛と適時打で
2失点。
原監督も「何と答えていいか分からない。
プロとして非常に恥ずかしい」と絶句した。

 それでも、打てば目をつむることもできるが、
2回1死、5回1死ともに低めのカーブを空振り三振。
これでデビューから5試合連続の「マルチ三振」となった。
メジャー48発男が18打席11三振1打点と大ブレーキだ。

 退いた5回は早々とベンチ裏に退散。
6回から戻ったが、ナインが最前列でグラウンドに声援を送るのを
尻目に、後列に腰掛けふんぞり返っていた。
前列に出て応援したのは8回裏の1死二塁から。
ベンチでも「レッドカード」ものだった。

 4日は、内野陣の一人としてインフィールドフライを
捕り損ねサヨナラ負けの要因に。
5日には一塁後方へのファウルフライを捕球できず、
初回の10失点を招いた。指揮官は「20試合で3打点以下なら、
(スタメン落ちを)考える」と話していたが、
3戦連続の大守乱ぶりにデッドラインを大幅変更。
「うちは守りのチーム。もう一回、勉強し直してほしい」と、
亀井と入れ替えでの2軍落ちを明かした。

 チームは今季3度目の3連敗。
3月31~4月2日の中日3連戦(ナゴヤD)以来の3タテを
食らった。
原監督は「3連戦通じて消化不良的なゲーム。
我々の野球ができなかったのがこういう結果になった。
(野手が投手を)そのうち助ける」と総括した。



スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
ダイエット効果

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。