So-net無料ブログ作成

ソニー、今期は1400億円の最終黒字めざす 3年ぶり黒字転換へ [ニュ-ス]

ソニーが30日発表した2015年3月期の連結決算は、
最終損益が前期とほぼ同水準の1259億円の赤字となった。
しかし業績改善が進んでいるとして、今期(16年3月期)は
一転して1400億円の大幅最終黒字を目標に設定した。
実現すれば3年ぶりの黒字決算となる。

 ソニーは昨年度決算について、今年2月に営業利益200億円、
最終赤字1700億円という修正予想を発表したが、
金融事業、音楽、映像、ゲームなどの事業の改善が
進んだことで、先週、上方修正を発表した。

 30日発表では、売上高が前期比5.
8%増の8兆2158億円、営業利益が2.
6倍の685億円と、ほぼ先週の修正発表通りとなった。

 今期はさらに家電などでも業績回復が進むとみて、
最終損益で黒字転換をめざす。
売上高は3.8%減の7兆9000億円、
営業利益は4.7倍の3200億円を予想している。

 しかしソニーはここ2年、業績不振を受けて、
期初に発表した目標を頻繁に下方修正してきた。
特に14年3月期は期初目標が500億円の最終黒字だったが、
実際には1200億円を超える赤字となった。




韓国サムスンがはまる市場の罠 ソニー、シャープの姿が重なる高級化路線の隘路
韓国のサムスン電子は、“わな”に足を踏み入れてしまったのかも
しれない。
スペインのバルセロナで1日から開かれた世界最大の携帯端末見本市
「モバイル・ワールド・コングレス」に合わせて公開した同社の
スマートフォンの最新モデル「ギャラクシーS6」。
そこで示された高級化路線に、かつてのソニーやシャープの
姿が重なってみえた。
スポンサ-ドリンク





■スマホ販売、世界首位から陥落

 2014年に3年ぶりの減益に沈んだサムスン電子の不振は、
主力のスマートフォン事業の収益悪化が主因だ。
米調査会社のガートナーによれば14年10~12月期のスマート
フォンの世界販売台数でサムスンは米アップルに抜かれ、
11年から守り続けていた首位から転落、
販売台数は前年同期比12%減と落ち込んだ。
巻き返しに向けて、アップルの
「iPhone(アイフォーン)6」を
意識して高級感を高めたギャラクシーS6を投入するのは当然の
対抗策かもしれない。

 S6は、アップルのお株を奪うメタルボディーや強化ガラスを
採用し前モデルで「安っぽい」とされたイメージを払拭。
ワイヤレス充電や独自の決済サービス「サムスンペイ」などの
搭載で性能を高め、業界で初めて両側面に曲面ディスプレーを
使い立体感を演出した機種「S6エッジ」も用意した。
公開を受けて、米ウォールストリート・ジャーナルが
「サムスンがこれまでに作った携帯電話の中で最も美しい」と
報じるなど、来月の発売を前にメディアの評判は上々。
韓国大手紙の中央日報(電子版)によると、
サムスンでIT・モバイル事業を担当する申宗均
(シン・ジョンギュン)
電子IM部門長(社長)も、前モデルに比べ販売ははるかに増え、
「今年は(サムスンスマートフォンの)売上高シェアも非常に
良くなると期待している」と自信を示しているという。



スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
ダイエット効果

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。