So-net無料ブログ作成
検索選択

●決断を先延ばしすることの悪影響 [決断力]

決断を先延ばしすることは、その人の生きる姿勢にも影響してきます。
「明日、船が出る港」も、時間が止まってしまったために活気がなく、海の水も空気も淀んで
汚れてしまっている。
人も同じです。
「自分を変えたい」と思っているのに、いつまでも行動することができないと、焦ってきます。
時間がたつほど、焦る気持ちは強くなります。
また、行動できない自分が情けなくなり、自信が持てなくなるでしょう。
そんな状態をズルズルと続けていると、感情面が不安定になりがちです。
さらに、心の不安定さは、身体の不調となって表れてきますし、家族や友人、会社の同僚との
関係もギクシャクしがちです。
そのまま数十年も過ごしてしまったら、残るのは後悔だけです。
もちろん、仕事面だけの話ではありません。
決断を先延ばしにするクセがついてしまうと、生活のあらゆる場面での決断でも「まあ、いいや」と
先延ばしにすることに慣れてしまいます。
今の生活に不満がある、このままでは可能性がない、と感じているのであれば、決断を先延ばし
せずに、すぐに何らかの行動及び実行するようにしましょう。
人の人生は長くても百年ほどと言います。
決断を先延ばしするには、もったいないというのもあります。
スポンサ-ドリンク






●決断して初めて人生は一歩前に出る。

見方を変えれば決断はしやすくなるもの。
人生は、決断→行動→結果→考察の連続です。
ますけ決断することで新しい人生が始まります。「決断」と聞くと「また大変だ」と頭を抱えてしまう
人もいるでしょうが、決断には、人生を変えてしまうほどの大きな決断もあれば、日常生活の
中の小さな決断もあります。
さらに、見方を変えてみることで、意外に簡単に決断出来てしまうことも多々あります。
例えば、
「オズの魔法使い」の「明日、船が出る港」を脱出するために主人公たちがとった行動は、
港の名前が書かれた看板を「今日、船が出る港」と書き換えたというものです。
すると、風が吹き、波がたち、船の出航準備が始まったのです。
童話なら、それでいいけれど」という声が上がりそうですが、見方を変えることで
状況が動くことはよくあることです。


●小さな決断の積み重ねが大きな決断になる

転職したいと思った時に、すぐにでも転職エージェントや他企業の人事担当者との接触をするのは
ハ-ドルが高すぎるとしても、まずは転職セミナ-をのぞいてみるだけなら、軽い気持ちで動くことが
できることでしょう。
あるいは、大学時代や高校時代の友人と久しぶりに会って、飲みながら仕事の情報を交換するのも
一つの手です。
友人同士であれば仕事の本音も聞くことができ、友人の紹介で、内々に人事の担当者に会うことに
なるという展開もあり得ます。
それも、決断して、動き始めたからこそ実現した状況です。
その結果を検討することで、次にどう動くべきか、どなんなハ-ドルが待っているのかが
見えてきます。
そうなれば、次の目標を明確にし、決断し、行動していけばいいわけです。



スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
ダイエット効果

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。