So-net無料ブログ作成
検索選択

錦織 決勝進出 大会連覇へ王手!準決勝ストレート勝ち!バルセロナOP [プロテニス]

男子テニスのバルセロナ・オープン第6日は25日、
スペイン・バルセロナで準決勝が行われ、
大会2連覇を目指す世界ランキング5位で第1シードの
錦織圭(25=日清食品)は、同28位で第14シードの
マルティン・クリザン(25=スロバキア)と対戦。
6―1、6―2で制し決勝進出を決めた。
連覇へ王手を懸けた決勝は日本時間の27日午前0時30分から
行われる。

準決勝の相手クリザンは昨年の全仏1回戦で対戦した選手で、
89年生まれの同い年対決となった。

 錦織のサーブで始まった第1セットから一方的な内容だった。
最初のゲームを錦織がキープすると第2ゲームをブレークし、
立て続けに第3、4、5ゲームを奪った。
第6ゲームはキープされたが、第7ゲームをキープして
第1セットを先取した。

 第2セットも錦織が試合をコントロール
第1ゲームをキープされたが、第2ゲームをキープし返す。
その後も力の差を見せつけ第6ゲームまで連取する。
第7ゲームはキープされたが、5―2の第8ゲームを楽々と
キープしてゲームセットを迎えた。

 第1セットのファーストサーブ成功率は50パーセント
切るなど序盤はサーブに苦戦したが、安定感のあるストロークと
効果的なドロップショットで相手を圧倒した。

 錦織は26日に大会連覇を懸けて地元スペイン選手と
決勝戦を戦う。
スポンサ-ドリンク






錦織「タフな試合」制して連覇へあと2勝「ナダルが負けたのは残念」

男子テニスのバルセロナ・オープン第5日は24日、
スペイン・バルセロナで準々決勝が行われ、大会2連覇を目指す
世界ランキング5位で第1シードの錦織圭(25=日清食品)は、
同16位で第7シードのロベルト・バウティスタ
(27=スペイン)と対戦。6―2、3―6、6―1とフルセットに
もつれ込んだ熱戦を制し、4強入りを決めた。

 錦織は第1セット、第1ゲームをいきなりブレークすると
そのまま押し切り、このセットを先取。
第2セットは第6ゲームで先にブレークを許して
3―6で落としたが、ファイナルセットは第5ゲームから
バウティスタに1ポイントも与えずに3ゲームを
連取して実力の差を見せつけた。

 準決勝(25日)では世界ランク28位で
第14シードのマルティン・クリザン(25=スロバキア)
と対戦する。

 ▼錦織圭 タフな試合だったけど特に第3セットの
プレーはよかった。
自分から打っていくことがしっかりとできた。
第2セットは相手が攻撃的によりフォアを使ってきたので
タフな展開になった。
自分も凡ミスが出てブレークされてしまった。

 第3セットは集中し直して、第1セットのように攻めて、
ミスも減らすことができた。
ナダルが負けたのは残念だけどフォニーニもクレーでは
タフな選手。
フェレールも残っているし、自分は集中していい
テニスをするだけ。準決勝も力強いテニスをしたい。



スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
ダイエット効果

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。