So-net無料ブログ作成

●決断・行動・結果・考察を意識して生活をする。 [情報関係]

これは服装だけの話ではありません。
日常の様々な場面でも、私たちは「決断し、実行し、その結果から様々なことを学ぶ」を
繰り返しながら人生を形づくって行きます。
ただし、結果は行動をしてみないとわからないと思います。
「今の仕事が面白くない」と思い、転職を考えてみても、行動をしなければ何も変わらないと
思います。
その行動を起こす前には、「現状を変えるために転職をしよう」という決断が働くはずです。
そして、転職した結果、やりがいのある仕事ができそうな転職先が見つかるかもしれません。
あるいは、今の会社でもっと頑張ってみようと思うかもしれませんが、それは行動を起こさずに
「面白くない」と思いながら生活をしているあなたとは違っているはずです。
つねに心にとめて生活をするようにしたいものですね。
スポンサ-ドリンク






●「決断の先延ばし」は墓穴を掘るだけ

行動を起こさないのは、決断を先延ばしにしているだけです。
「今の仕事が面白くない」と思っていても、実際に転職活動などの行動を始める人は
そう多くはないのが現状ではないのでしょうか。
大半の人は、「仕事は面白くはないけれど、生活は安定しているし、転職しても今より
欲はなるとは限らない」と二の足を踏み、「そのうち考えてみようか」と思うのではないかと
思います。
安定した収入を得ることが目的で、人生の楽しみは趣味にあるのなら、仕事が面白くなくても
安定した会社で定年まで勤め上げるというのもいいと思います。
それは、自分の人生の目的をはっきりさせたうえでの選択、決断だと思います。
しかし、「仕事が面白くない」という現状を変えたいと思いながらも、何も行動ができないのは、
決断できずに先延ばししているだけにすぎません。


●「そのうちに」では永遠に決断はできない

現状に不満を抱えながら決断を先延ばしすることで、将来に良いことがあるのでしょうか?
そんなことでは何も変わらない、ときっと誰でもわかっているはずです。
例えば、
「オズの魔法使い」という児童文学の中に「明日、船が出る港」の場面がありますが、
主人公は翌日まで待ちますが、いっこうに船がでる気配がない。
なにしろ「明日、船が出る」なのでせ、明日になっても船はその翌日に出る予定で、
永遠に出向できないわけです。
「う~ん、痛いところをつかれた!」と思いませんか。
「そのうちにやろう」と決断を先延ばししていると、永遠に行動できないのです。
そのまま行動できずに数年、さらには数十年もすごしてしまうことは、時間の浪費に他なりません。




スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
ダイエット効果

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。