So-net無料ブログ作成
検索選択

松坂、右肩回復をアピール=復帰は「状態見ながら」―プロ野球・ソフトバンク [プロ野球]

松坂、右肩回復をアピール
松坂、右肩回復をアピール

右肩の違和感で離脱しているソフトバンクの松坂大輔投手が21日、
福岡市の西戸崎合宿所で「確実に良くなってきている。
先週より投げられる感覚が出てきた」と現状を説明した。
先週から約2週間ぶりにキャッチボールを再開。
この日は20分余り、最長40メートルの距離で投げていた。
「投げた後の反応も悪くない」と言う。
 工藤監督には復帰目標日を設定せず調整するよう
求められているそうで、「ノースローが長かった。
(復帰までに)休んだ分の期間はかかる。
早く戻りたいが、状態を見ながら一日一日前に進んで行きたい」と
慎重に話した。
松坂はオープン戦3試合に登板後、インフルエンザで離脱し、
3月末に右肩の違和感を訴えた。 
スポンサ-ドリンク






右肩の違和感でリハビリを続けているソフトバンク・
松坂大輔投手(34)が21日、
西戸崎合宿所で回復を確認するキャッチボールを行った。

 「先週から比べるとだいぶよくなっています。
日々状況を見ながら、反応を見ながらですね」。
工藤公康監督(51)に不調を報告したのが2日。
約3週間が経ち、明るくなった表情が回復を物語っていた。

 すでにキャッチボールは解禁していたが、
この日は室内練習場で最大40メートルほどの距離で
スローイング。
23分間に渡って、1球1球、感触を確かめるように
白球を投じた。

 「ノースローの期間が長かったので、
普通に考えても休んでいた期間くらいは(回復に)
かかると思う。
遠投もしたいですけど、急に距離を伸ばし過ぎたりしないように。
徐々にセーブしながらやっていきたい。
確実によくはなっています。
できるだけ早く(復帰を)とは考えていますけど、
監督にもあえて『いつまでとは(目安を)設けない』と
言われているので。一日一日進んで行きたいです」

 9年ぶりの日本のマウンドへ、怪物がまた歩み出した。




スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
ダイエット効果

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。