So-net無料ブログ作成
検索選択

年賀状の羊イラストに込められた・・・・・・? [ニュ-ス]

来年2015年度の年賀ハガキに粋な遊び心が込められていると
ネット上で話題となっている。

来年の干支は羊。
年賀ハガキの切手柄には右手に編み物棒を持ちマフラーを巻く羊の姿が
描かれているが、実はこの裏には壮大なドラマがあったというのだ。

カギを握るのが前回干支が羊だった2003年の年賀ハガキの切手柄。
羊は編み物棒を使い何かを編んでいる様子が描かれている。
つまり12年をかけてついに羊がマフラーを編み上げたことがわかる
仕組みなのだ。

この一大編み物ドラマは意図したものなのか。
日本郵便の広報担当者は「意図があってやったものです」と話す。

「年賀状を楽しいものにしたいとの思いから、今回こういったイラスト
となりました。
インターネットなどで反響になっているとも聞いています。
喜んでいただければ非常に私たちとしてもうれしい」
羊イラストだけでなく、そこに込められた日本郵政の気持ちにも
ほっこりしそうだ。

スポンサ-ドリンク






日本郵便の年賀はがき通販ページを覗くと、ミッキーマウスやハローキティなど、
人気キャラクターものに混じって、ウールと思われるマフラーを首に巻いている、
ほほえましいヒツジのイラストがあります。
 
注釈には、「12年前の未年用の年賀はがきのデザインでは編みかけだった
マフラーが完成しました」
 …とあります。

 え?12年前に編みかけだった??
 確かに左手には、編み物に使う棒針が…。

「過ぎ去った時間、あたたかく懐かしんで」
 12年前の2003年の年賀はがき。当時の見本はがきを確認すると、
確かに手編みしています。
 いったい12年もの間、誰を想いながら編んでたんでしょう?

 単に自分のためだったのでしょうか。
それとも、誰かのために編み始めたのか…。
 あれこれ、ドラマを想像してしまいます。

 日本郵便広報室によると、こういった、12年前の同じ干支の動物同士で
ストーリーがつながるデザインは、今回発売した、
2015年のヒツジが初めてとのこと。
 今回も12年前も、デザインは同じデザイナーさんが担当したそうです。
 「このハガキをきっかけに、『そういえばあのころ(12年前)は…』と、
過ぎ去った時間も暖かく懐かしんでいただければ幸いです」と、
12年越しでストーリーが完結するデザインの意図を話しています。



スポンサーリンク






nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
ダイエット効果

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。